肝斑の原因と
ベストな治療法おしえちゃいます!

背景飾り1 背景飾り2 背景リボン1

肝斑をレーザーで治療

最近は、肝斑をレーザーで治療する人が増えています。レーザー治療の技術進歩や知名度アップだけでなく、美容系のクリニックにも肝斑治療の特別プランが用意されるなども手伝っての利用者増といえるでしょう。

肝斑はレーザーで治療できる?


肝斑はレーザーで治療可能です。レーザートーニングと呼ばれる治療方法です。シミやほくろの除去のような、熱エネルギーで細胞を蒸発させてしまうやり方とは少し違います。比較的刺激が弱いレーザーを当てて、メラニンを減らしていきます。


肝斑のレーザー治療に適したレーザー


肝斑をレーザーで治療する際に適しているのは、刺激の少ないレーザーです。シミやほくろの除去で使用されてきたレーザーでは、刺激が強すぎるため、肝斑を悪化させてしまう可能性があったため、肝斑の治療にレーザーは向かいとされてきました。 しかし、最近の技術進歩によって、肝斑治療にも使うことの出来る、低出力で余計な刺激を与えずにメラニンを減らす効果のあるレーザーが開発されたため、レーザーによる肝斑の治療、レーザートーニングが注目されるようになりました。

治療に適しているレーザーとしては、qスイッチYAGレーザーやメドライトと呼ばれる特殊なレーザーが挙げられます。特にメドライトは有効性が高く、導入する美容クリニックが増えています。従来のレーザーは照射した熱エネルギーにも部分によって差があり不均一な刺激になりがちでした。メドライトは均一にエネルギーを伝えるため、肝斑の悪化させる心配がなく、低刺激で肌に負担をかけることなくメラニンを減少させて肝斑を治療することができます。

合わせて読みたい!肝斑の気になるコンテンツ

  1. 肝斑の原因は女性ホルモン?
  2. 肝斑を皮膚科で治療
  3. 肝斑をトランシーノで治療