肝斑の原因と
ベストな治療法おしえちゃいます!

背景飾り1 背景飾り2 背景リボン1

肝斑(かんぱん)とは?

肝斑(かんぱん)という言葉そのものにあまり馴染みがないので、意味が分からない人も多いかもしれません。または、なんとなく知っているけど詳しくはよく分からないという方もいることでしょう。認知度の上昇にともなって、気になる女性も増えてきているようです。ここでは、肝斑とは何かについて説明します。

肝斑(かんぱん)とは女性特有の治りにくいシミの一種


肝斑(かんぱん)とは、皮膚にできるシミの一種です。ほとんどが顔面にでき、眼の外側や両ほお骨周辺は発生しやす部位といわれています。その他、鼻の下や下あご、眉間などに出来る場合もあります。形は左右対称になるのが特徴で、一般的なシミと違って治りにくい性質をもっています。


シミとの違いと発生原因


普通のシミと違って、女性特有の症状であり、男性にはみられません。 また、女性すべてが発症するというわけではなく、発症は30代くらいからで、40代~50代では半数近い割合で、自覚症状もしくは疑いのある症状がみられるといわれています。

肝斑の発生メカニズムには、女性ホルモンが関係しているといわれており、妊娠や経口避妊薬の使用、更年期にともなう自然な性ホルモン減少・変動などによって引き起こされる場合が多く見受けられます。


紫外線やマッサージによる肝斑の促進・発生に注意


一般的なシミと違って紫外線によるメラニン色素の活性化ではないとされていますが、紫外線を強く受ける部分に発生しやすく、紫外線の影響により、色素が濃くなるなど悪化してしまう場合があるので注意が必要です。

また、顔面のマッサージなどを行ってから発症したっケースも多数報告されているため、フェイシャルエステや自己流のマッサージなどは慎重に行う必要があるといわれています。この場合はホルモンよりも物理的な刺激、特に皮膚を揉んだりこすったりして刺激を与えすぎてしまうことで発生するものと考えられています。

名前に「肝」の字がついているのは、肝臓のような形状のシミ(斑)ができることを表しているだけであり、肝臓の疾患などとは無関係です。

合わせて読みたい!肝斑の気になるコンテンツ

  1. 肝斑の原因とシミの原因の違い
  2. 肝斑とシミの見分け方
  3. 肝斑の原因と治療方法