肝斑の原因と
ベストな治療法おしえちゃいます!

背景飾り1 背景飾り2 背景リボン1

肝斑の原因は女性ホルモン?

現在、肝斑の最大の原因として考えられているのが女性ホルモンです。厳密にいえば、女性ホルモンそのものではなく、女性の体内において女性ホルモンの分泌が減少してしまうこと、もしくは、分泌の状態が不安定になってしまうことが、肝斑の大きな原因になっていると考えられています。

女性ホルモンが大幅に減少する更年期では約半数が肝斑を自覚


女性ホルモンが肝斑の原因と考えられている理由をもっと細かくみて見ましょう。 肝斑ができるのは、30代~40代の女性で発症が始まるケースが多く、女性ホルモンバランスが大きく崩れる更年期の40代後半から50代においてはさらに発症が増加し、約半数が肝斑もしくは肝斑の疑いのあるシミを自覚しているという調査もあります。

その後、時期に個人差もありますが、閉経を迎えるころには症状を訴える人はほとんどいなくなり(肝斑自体が自然に消えてしまう場合もあります)、高齢期においてはほぼ発症はみられません。そのため、女性ホルモンの分泌量が、肝斑の発生原因になっていると考えられているのです。


30代の肝斑発生原因には経口避妊薬の使用による女性ホルモン減少も


また、30代で肝斑が発症する原因として経口避妊薬の使用も可能性が指摘されています。これは、ピルを使用した頃から肝斑の症状を訴える女性が非常に多いからです。

ピルを使用する人は、使用しない人と比べて女性ホルモンの分泌が減少することがわかっています。ある意味、経口避妊薬の副作用ともいえるかもしれません。

単純に年齢だけで見た場合、30代の女性であれば、ホルモン分泌が急激に落ちこむことは考えにくいですが、生活サイクルの極端な乱れやストレスの増大は、女性ホルモンの減少を促進してしまうため、その結果として肝斑が発生しやすくなると考えられます。

合わせて読みたい!肝斑の気になるコンテンツ

  1. 肝斑(かんぱん)とは
  2. 肝斑の原因は紫外線とメラニン?
  3. 肝斑の原因とシミの原因の違い